×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カードローンの基礎知識

カードローンの基礎知識を紹介します。正しい知識で、利用方法はくれぐれも間違えないようにしたいものです。

サイトトップ > カードローンのデメリット

カードローンのデメリット

便利なカードローンですが、利用する際にはデメリットも理解しておくことも必要です。

申し込み時の審査結果によって利用限度額は決まり、その範囲内で利用することになります。

一般的に、カードローンは他の目的型ローンよりも限度額が低く、この点がカードローンのデメリットといえます。利用限度額が高めに設定している金融会社が全くないということはありませんが、その場合でも、初回から限度額が高いということはないようです。

カードローンのデメリットには、金利も挙げられます。カードローンの金利は、消費者金融系のカードローンより銀行系のカードローンの方が低金利ですが、それでも他のローンより高金利の金融商品です。比較的簡単な手続きでほとんど誰でも借り入れ可能な消費者金融のカードローンですが、その分収益性が高くなるよう設定されているのです。

この他、カードローンの特色として、限度額以内でなら簡単な手続きで借り入れができる点があります。あまりに簡単に引き出せるので、自分の本来持っている金銭であるかのようにお金を扱ってしまいがちです。けれど、そのお金は金融会社から借りている金であるという事実に揺るぎはなく、自らの得たお金でないということは事実なのです。

考えてみれば当たり前なのですが、借り入れが手軽すぎて、感性が狂ってしまうのです。次から次へとカードローンの申し込みをしてしまい、返済に首が回らなくなる自体を引き起こす可能性があることも、カードローンのデメリットかも知れません。賢く使っているうちは有り難い存在ではあるカードローンですが、借りた金であるという自覚をもち、無理のない返済が可能な範囲で利用してください。